放射線科

放射線科は、画像診断部と放射線治療部の2つに分けられます。 画像診断はX線写真、X線CT、MRI、マンモグラフィー、PETなど様々な画像診断機器を用いて病気の診断を行います。
放射線治療は病変に対し高エネルギーの放射線を照射することによって治療を行います。PACS(Picture Archiving and Communication System:画像保存通信システム)、高精細モニターの導入によりフィルムレスを実現し、RIS(Radiology Information System:放射線科情報システム) の導入により、診療放射線技師の作業負担を軽減し、より正確・安全な検査を目指しています。

ページトップ

Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.