放射線治療センター

はじめに

 以前は癌(がん)という言葉すらもマスメディア等で出しにくい状況もありましたが現在は世界の標準的な癌医療情報も比較的容易に一般の方でも入手出来るようになってきたと思います。日本の医療現場もたとえ機械があっても放射線治療を有効に治療の一環として十分活用出来た施設は限られていたように感じますが、現在は各地域でのガイドラインの充実・公開もあり、さまざまな段階での放射線治療の果たす役割が全国的に増え、重要視していただけるようになってきました。それでもまだまだ手術と放射線の二者択一にこだわるといったような空気が日本には色濃く残っており、最適な症例をもっとも適切なタイミングで放射線治療の適応を考えるということが困難な施設もまだ多々あります。

 当院は常勤医として私が常時、他科の先生方などからの相談も受けられる状況であり、特に同じ大和会の東大和病院とは画像を含め電子カルテの相互参照もしていますので、放射線治療の適応があるか、そのメリット・デメリット、そして施行するタイミングなどに関してその場で話し合える恵まれた環境にあります。それも当院の放射線治療の特徴のひとつです。
それ以外の当院の放射線治療の特徴について以下に説明してゆきたいと思います。

過去に開催した公開医学講座については
大和会公開医学講座のページ  をご覧ください。

ページトップ

Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.