臨床検査科

臨床検査の検査項目は、患者さんと直接接しながらの生理検査(心電図、脳波、超音波検査、耳鼻科聴力検査等)と検体検査(血液検査、尿検査、細菌検査、細胞診、病理検査等)に分けられます。
  開院して7年目で、当初は7名からスタートして緊急項目中心に業務を行っていました。年々増加する検査数、検査項目に対応しながら検査室も充実し、現在では13名で採血業務や当直を含めた業務を行っています。 臨床検査技師のスキルとして、開院から一人の検査技師が多種に渡り検査実施できるように部内研修を実施し、バックアップを考えた体制を構築してきました。
今後も柔軟に対応できる検査室・臨床検査技師を目指して活動しています。

ページトップ

Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.