乳腺外科

 乳がんは女性がかかりやすいがん第1位となっており、乳がん患者さまは増加傾向です。
しかし、日本での乳がん検診受診率は20%前後となっており、欧米の80%程度と比べると日本は未だに受診率が低く、乳がんの早期発見が遅れる原因のひとつとなっています。
 当科は、外来診療および女性技師による検査(マンモグラフィー、乳腺エコー)を行っています。
 また、武蔵村山市の乳がん検診や一般健診でも乳がん検査を行っており、検診(健診)で要精査となった方の精密検査やその後のフォローも当科で行っています。
精密検査で悪性の診断がついた場合は当院での治療、および希望の病院・施設へ手術を含めた治療の紹介も行っております。
 40代、50代が多いとされている乳がんですが、近年の生活様式の欧米化や高齢化に伴い30代の乳がん、60代以降の乳がんも増加しています。自覚症状等なにか気になることがあれば受診可能です。状況によりお待たせすることがありますことをご理解ください。
 乳腺に関して気になることがある場合は当院の乳腺外来までお電話(当院代表:042-566-3111より乳腺外来へつなぎます)をいただけるとスムーズにご案内ができます。

 

ページトップ

Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.