研修管理委員長の挨拶

星 亨

研修管理委員長
東大和病院 副院長 整形外科 科長

杏林大学(1986年卒)医学博士。 杏林大学整形外科講師、ピッツバーグ大学Orthopaedic Traumatology留学。 武蔵野赤十字病院整形外科 副部長。現、東大和病院副院長 兼 杏林大学整形外科非常勤講師

東大和病院(284床)は、急性期治療を中心に行っている地域の中核病院です。高度のがん診療ならびに急性疾患、救急医療を中心に医療を展開しております。脳卒中・脳神経センター、心臓血管センター、呼吸器センター、消化器センターなどを併設しています。さらに、2005年6月にオープンした姉妹病院である武蔵村山病院(300床)と密に連携し研修を進めております。武蔵村山病院ではPET-CTや放射線照射装置などの最新の医療機器を擁しております。

初期研修について

救急疾患の研修にたいへん恵まれています。各診療科の症例・手術・検査なども多く十分な研修ができるようシステムも整えております。 姉妹病院である武蔵村山病院はPET-CTや最新の放射線治療機械などを擁し、小児科、産婦人科、放射線科、内科などの研修も行っております。両病院の指導医に直接Man to Manで指導を受けられる体制をとっており、熱心な各診療科の指導医のもと充実した研修が可能です。また、指導医のきめ細かな指導のもと、学会発表を行っています。なお、2カ月間の日本医大での研修、杏林大学病院での1カ月間の救急の研修も可能です。

初期臨床研修

NEWS

このページの先頭に戻る