研修医のメッセージ

初期臨床研修医 土井 恵太郎

土井先生富山県出身。高校生の時に読んだ本の影響を受け、京都大学理学部でウイルス研究所に入る。白血病ウイルスをテーマに選び、3年間ウイルスの研究をするが、実際に患者さんを治せる立場になりたいと考えるようになり、医学部を再受験。全国各地に病院見学に行くなかで、東大和市に住んでいた友人に「いい研修病院がある」と勧められ、初期研修医として東大和病院に入職する。

後期研修医 バレンティナ・オスタペンコ

バレンティナ先生ウクライナ出身。国立ドニェプロペトロフスク医科大学卒業後、旧ソ連国立がんセンター放射線療法科(モスクワ)大学院卒業、医学博士。関西医科大学とのがんの共同研究をきっかけに1993年に来日。東京都ビオセラクリニック ハイパーサーミア部の部長を勤める。2011年に日本医師免許を取得し東大和病院に入職、2013年より後期研修医となる。

研修医のメッセージ

NEWS

このページの先頭に戻る