低侵襲ロボット支援手術は、腹腔鏡手術と同じようにいくつかの小さな切開部を作り、外科医の操作にしたがって内視鏡・メス・鉗子を動かして行う、患者さまの負担が少ない内視鏡手術です。

ダビンチ(da Vinci)サージカルシステム

ダビンチとは

ダビンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発されました。高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像の下、人間の手の動きを正確に再現する装置です。
術者は鮮明な画像を見ながら、人の手首よりはるかに大きく曲がって回転する手首を備えた器具(鉗子)を使用し、精密な手術を行うことができます。
ロボット支援手術は完全に医師の操作によって実施されます。

patient_cart

ペイシェントカート

ロボットアームを4本持ち、1本には高精細3Dカメラ、残りの3本には、手術を行う器具が取り付けられます。医師の指示に忠実に操作を行います。ロボットの手先は米粒をつまめるほど小さく、複雑な操作が可能です。

vision_cart

ビジョンカート

医師に提供する3D画像の処理や分析を行う重要なコントロールセンターです。上部のモニターには、手術中の映像が映し出され、スタッフに手術の進行状況を共有します。

surgical_controls

サージョンコンソール

ダビンチの操縦席。高解像度の映像を処理し、医師は3D画像を見ながら、手元のコントローラーを操作して緻密な手術指示を送ります。

ダビンチの特長

Cursuri

体への負担が少ない

数カ所の小さな切開部から手術を行うため、傷が小さく、出血も抑えられ、手術後の回復が早く、患者さまの負担が軽減されます。

Cursuri

鮮明な3D(3次元)画像

コンソールモニターには高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。

Cursuri

精密な動きを再現

医師がロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。ダビンチの鉗子はリスト構造を持ち、人間の手より大きな可動域と手振れ補正機能を備えています。

対応疾患

現在、当院でダビンチによる手術を行える疾患です。
今後、他の泌尿器がんや、消化器外科へと拡大していく予定です。

前立腺がん

Flexible
開腹手術による切開部
Flexible
ダビンチ手術による切開部

世界では、毎年90万人超の男性が前立腺がんと診断され、男性では肺がんに次いで二番目に多いがんです。
前立腺がんは、DRE(直腸指診)、PSA(前立腺特異抗原)検査、生体組織検査などのスクリーニング検査で見つけることができます。限局性前立腺がんには手術療法と放射線療法がありますが、最近の臨床試験で、放射線治療と比較して、前立腺の切除手術により生存率が向上することがわかりました。

メッセージ

Flexible
武蔵村山病院 泌尿器科 科長

松田 大介

より正確に、より繊細に、より安全に

 手術支援ロボット「ダビンチXi」を用いた前立腺がん手術を行っています。
 ダビンチXiは、最新の手術支援ロボットです。ダビンチ手術は、従来行われてきた腹腔鏡手術が持つ“傷が小さく、低侵襲である”というメリットはそのままに、動作・視野制限・手ぶれといった腹腔鏡手術の欠点を解消した最新の手術方法です。
 サージョンコンソール(操縦席)に座った術者が、3Dハイビジョン画像を見ながら、多関節機能と手ぶれ防止機能を備えたロボットを操作することで、より正確な、より繊細な、より安全で合併症の少ない手術を目指しています。
 安心して先進的な医療を受けていただけるよう、万全の体制で取り組んでまいります。

よくある質問

どんな病気でもダビンチで手術することはできますか?
手術が必要となる全ての疾患で、ロボット手術=ダビンチによる手術が行えるわけではありません。当院では、前立腺がんに対するロボット支援手術等を対象としています。その他の疾患については、今後対応を考えています。
年齢制限はありますか?
年齢の制限はありません。高齢の方であっても、開放手術、鏡視下手術等に耐えられる状況であれば、ダビンチ手術も受けることが可能です。ただし、前立腺がんに対する前立腺摘出術の場合、重度の心疾患や緑内障の既往がある方は、手術を受けることができません。
リスクや安全性が心配です
ダビンチ手術は患者さまにとって傷口が小さく、術後の負担が小さい低侵襲手術であるという特長がありますので、開放手術よりは患者さまの負担は軽くなる傾向にあります。また、ダビンチの機械によるシステムエラーの報告はわずか0.2〜0.4%と極めて低いものです。
なぜロボットで手術したほうがいいのでしょうか?
ダビンチサージカルシステムは、高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像と、人間の手の動きを正確に再現する装置です。こうした特長により、術者は鮮明な画像の下、精密な手術を行うことができます。ダビンチを利用することで、開腹手術に比べ以下のような利点があります。
  • 正確な切除
  • よりよい神経温存手術
  • 出血の抑制
  • 輸血の必要性の低減
  • 合併症リスクの低減
  • 傷口の感染リスクの低減
  • より早い回復、日常活動への復帰
ロボットに手術にされると考えると少し怖いのですが・・・
ダビンチ手術は、認定資格を取得した医師によって行われる手術です。ロボットは医師の技術をサポートするのが役割。ロボットが行う手術ではなく、医師がロボットを活用し、より精度の高い手術を可能としたのがダビンチ手術です。
手術を受けたい場合はどうしたらいいですか?
ダビンチ手術に関するご質問・お問い合わせにつきましては、当院泌尿器科外来、もしくは地域医療連携室にご連絡ください。

お問い合わせ

ダビンチに関するご質問や手術依頼等について、まずはお電話ください

武蔵村山病院 代表(患者さま)
 042-566-3111
地域医療連携室(医療関係者の方)
 042-566-3560
患者さま
 042-566-3111(代表)
医療関係者の方
 042-566-3560(地域医療連携室)

社会医療法人財団大和会 武蔵村山病院
〒208-0022 東京都武蔵村山市榎1-1-5