ニュースリリース

社会医療法人財団大和会
「武蔵村山病院 増改築計画」のご案内

(2015/12/01)


 

武蔵村山病院 増築棟イメージ
 社会医療法人財団大和会は(住所:東京都東大和市 理事長:佐藤 光史)は、さらなる診療機能の充実や医療の質を高め、診療環境整備を進める目的で、武蔵村山病院の増改築を実施します。
 
 
 武蔵村山市の誘致を受け、2005年6月に開院した武蔵村山病院は、2015年に開院10周年を迎えました。
 さらなる診療機能の整備・充実や医療の質を高め、環境整備を進める上で、まず外来機能と健診部門の強化に加え、医療・介護の連携拠点の整備を目的とした増築を実施いたします。さらに手術部門の強化などを目的とした既存棟の一部改修を行います。

大和会だより100号特集「10周年記念対談〜武蔵村山病院開院10周年によせて〜」

 


武蔵村山病院増築の目的

 1.診察室や相談室、検査室などを増設し、患者さまの待ち時間の短縮を図るとともに さらなる外来機能の強化・拡充を
   図り、より多くの患者さまに対応できる環境を整備します
 2.在宅部門、医療相談部門、連携部門を集約、在宅医療ならびに介護連携拠点(在宅医療・介護連携支援センター[仮称])、
   さらに認知症対策推進の拠点(認知症疾患医療センター)として、地域包括ケアシステムの一翼を担い、地域医療
を支援します
    (参考1)武蔵村山病院 認知症疾患医療センター
    (参考2)認知症疾患医療センター 開設のご案内大和会だより vol.103
 3.健診部門の作業スペースを確保し、効率的な運用を行うことで、健診時間の短縮と患者プライバシーを確保、市民の需要
   に対応した健診数の増加を図ります。

●増築概要
 ・鉄骨造 地上2階建て
 ・延べ床面積: 1129.91 m2(増築部分)  
1階部分は、外科、消化器科、皮膚科、泌尿器科、エコー検査室。
2階部分は、健診部門と医療相談部門、連携部門、在宅部門と在宅医療・介護連携支援センター(仮称)と認知症疾患医療センター。


●増改築スケジュール(予定)
 <増築>
  2015年12月  病院東側隣地の更地化工事を開始
  2016年6月  着工
  2016年12月末 完成予定

 <改築>
  2017年1月〜 着工
  2017年5月  完成予定


●武蔵村山病院 概要
 ・名称: 社会医療法人財団大和会 武蔵村山病院
       http://www.yamatokai.or.jp/musasimurayama/(別ウインドウで開きます)
 ・所在地: 東京都武蔵村山市榎1−1−5
 ・管理者: 院長 高橋 毅
 ・開設日: 2005年 6月 1日
 ・診療科目:内科、小児科、産婦人科、外科、呼吸器外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、
       リハビリテーション科、泌尿器科、麻酔科、皮膚科、病理診断科、歯科(入院のみ)

*増改築工事期間中は、病院東側玄関からの出入りができません。ご来院の際は、西側正面玄関をご利用ください。
 なお、臨時で時間外入口を日中(7:35〜18:30まで)通行可能といたします。但し、時間外入口付近は工事車両の出入口となり
 大変危険ですので極力、西側正面玄関をご利用くださいますようお願い申し上げます。
 また、隣接する公園の一部通行制限が発生いたします。
 患者・ご家族のみなさまには、大変ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

<図>増改築工事期間中の通行ルート


【武蔵村山病院 増改築に関するお問い合せ先】
 武蔵村山病院  総務課 増改築担当  TEL:042-566-3111(代表)