認定看護師・資格取得 |人を育てる

看護の専門性を高めるため、専門看護師や認定看護師、糖尿病療養指導士、呼吸療法士、BLSやICLSなどの
スペシャリストの育成に努めています。彼女たちの活躍を支援するために
経験や技術に偏る事の無い様、感性豊かな看護師を育むことも忘れません。



認定看護師の役割

認定看護師は特定の看護分野において、以下の3つの役割を果たします。

  1. 個人、家族および集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。(実践)
  2. 看護実践を通して看護職に対し指導を行う。(指導)
  3. 看護職に対しコンサルテーションを行う。(相談)

認定看護分野 と 取得までの流れ

  • 救急看護
  • 緩和ケア
  • 訪問看護
  • 不妊症看護
  • 手術看護
  • 小児救急看護
  • がん放射線療法看護
  • 皮膚・排泄ケア
  • がん化学療法看護
  • 感染管理
  • 新生児集中ケア
  • 乳がん看護
  • 認知症看護
  • 慢性呼吸器疾患看護
  • 集中ケア
  • がん性疼痛看護
  • 糖尿病看護
  • 透析看護
  • 摂食・嚥下障害看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
  • 慢性心不全看護

高度化および専門分化する保健、医療および福祉の現場において、熟練した看護技術および知識を必要と認められたものを看護分野といい、現在21分野が定められています。

看護実務経験 5年以上(うち3年以上は認定看護分野)であれば受験することができますので、ぜひ挑戦してみてください。 自己のキャリアアップにとどまらず、看護部全体の看護の質が向上することも確認できています。

認定看護バッジ

認定看護師がその証として身につけているバッジは1996年に誕生し、「学問の象徴」である月桂樹で縁取られ、朝日から光が放たれたデザインが施されています。この朝日には「看護」「科学」「希望」の3つの意味が込められているそうです。初回は銀メッキされた真鍮製ですが、5年後の更新で「純銀製」に。また、朝日として埋め込まれた石は5年目の更新時に「ルビー」、10年目には「サファイア」になるそうですよ!
「認定管理看護師」バッジは少し形が異なります。

● 認定看護
● 認定管理看護師

認定管理看護師

病院や施設などの管理者として必要な知識を持ち、質の高いサービスを提供できるよう組織を改革・発展させることができる

橋本 光江

皮膚・排泄ケア

創褥瘡などの傷管理およびストーマ、失禁等の排泄管理

笹原 綾

集中ケア

生命の危機状態にある患者の病態変化を予測した重篤化の予防

小泉 裕美

緩和ケア

疼痛、呼吸困難、全身倦怠感、浮腫などの苦痛状態の緩和

稲田 泉
山﨑 敦子
小澤 愛子

がん化学療法看護

がん化学療法薬の安全な取扱と適切な投与管理

町田 由枝
髙橋 真由美

訪問看護

在宅療養者の主体性を尊重したセルフケア支援およびケースマネジメント看護技術の提供と管理

中山 美由紀

感染管理

医療関連感染サーベイランスの実施。施設内における感染症発生状況の把握と感染防止策の指導、評価

篠村 ゆき
政本 紀世
山本 真吾

糖尿病看護

血糖パターンマネジメント、フットケア等の疾病管理および療養生活支援

小栁 貴子

小児救急看護

救急時の子どもの病態に応じた迅速な救命技術、トリアージの実施、育児支援と虐待対応、子どもと親の権利擁護

李 善玉

認知症看護

認知症の各期に応じた療養環境の調整および体制の構築

吉沢 奈美
中村 友美

脳卒中リハビリテーション看護

脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア

門脇 芳美
大越 慎吾
小島 麻由

慢性呼吸器疾患看護

安定期、憎悪期、終末期に応じた呼吸機能の評価および呼吸管理

秋山 紗知

慢性心不全看護

安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた生活調整及びセルフケア支援や、心不全増悪因子の評価およびモニタリング

斎藤 珠美

 認定看護師資格一覧 (2020年1月20日現在)

認定看護師資格取得者 皮膚・排泄ケア認定看護師1名
集中ケア認定看護師1名
緩和ケア認定看護師3名
がん化学療法看護認定看護師2名
訪問看護認定看護師1名
感染管理認定看護師3名
認定看護師資格取得者 糖尿病認定看護師1名
小児救急看護認定看護師1名
認知症看護認定看護師2名
脳卒中リハビリテーション看護
認定看護師
3名
慢性呼吸器疾患看護認定看護師 1名
慢性心不全看護認定看護師 1名

特定看護師/皮膚·排泄ケア認定看護師 
武蔵村山病院 看護部 笹原 綾

 臨床現場で、術後創トラブルや瘻孔管理など、ケアに難渋する患者さまと関わる中で、経験だけで適切なケアは実践できないこと、自分の知識や技術のなさを痛感することがありました。上司や関係企業の方の声に背中を押され、2014年に皮膚·排泄ケア認定看護師を取得しました。その後、キャリアアップのために特定行為研修の受講を決意し、2017年に創傷管理、創部ドレーン管理、栄養および水分管理に係る薬剤投与関連の特定行為研修を修了し、現在ではデブリードマンや陰圧閉鎖療法など医師の包括的指示の元に治療介入を行い、診療のー部を担っております。

 皮膚·排泄ケア領域は、創傷·ストーマ·排泄ケアと幅広い分野ですが、看護の力で改善できる部分も多く、やりがいがあります。認定看護師教育をべースに、特定行為研修で得た知識·技術を強みにし、より専門的なケアを提供できるよう取り組んでいます。組織横断的に活動する多忙な日々ですが、「治って良かった」、「あなたの顔を見るだけで安心して過ごせるよ」という患者さまの声に支えられ、これからもスタッフと共に頑張っていきます。また、少しずつ在宅や施設ヘ訪問し、各サービス担当者と地域を支えられる存在になっていきたいと思います。

認知症看護認定看護師 
東大和病院 認知症疾患医療センター 吉沢 奈美

 私には、認知症のある人の安心を守る事と安全を守る事の間でジレンマがありました。認知症があっても治療を円滑に行い、穏やかに過ごせるように支援できる存在になりたいと思い、認知症看護認定看護師を目指しました。

 在学中は、講義やディスカッション、実習等を通して、これまでに行ってきた看護を振り返ることができた事が一番の学びになったと思っています。また、「認知症のある人やそのご家族の最大の味方になる」という同じ目標を持っている仲間ができた事が活動をしていく上で、心の支えになっています。

 現在は、認知症サポートチームの活動を通して他職種とも連携し、認知症のある人やそのご家族の支援ができるように関わっています。支援の輪が広がり、認知症のある人の笑顔が溢れる環境を整えていく事が私のやりがいです。

認定看護師資格取得までの流れ

認定看護師になるためには、看護師としての5年以上の実務経験(そのうち3年は認定分野)が必要であり、認定看護師教育課程(約6か月間)を受講し、毎年5月の認定試験に合格する必要があります。また、大和会の資格取得支援を受けるためには、最低3年以上の就業実績があり、看護部長の推薦により、理事会で認定看護師取得支援が受けられるか審議され、承認されると支援が受けられます。

^