東大和病院・東大和病院附属セントラルクリニックの周辺道路における道路工事に伴い、交通規制が行われます。
また、敷地内工事に伴い、障害者用駐車場の一部利用制限を行います。詳しくはこちらをご覧ください

お薬のご案内

当院は医薬分業を行っております。
入院患者さま、夜間救急外来におかかりの患者さま、交通事故でおかかりの患者さま(一部を除く)、保険外診療の患者さま(一部を除く)以外は院外処方せんとなります。

院外処方せんとは

院外処方せんとは、お薬を医院や病院などでもらうのではなく、街の保険薬局で調剤してもらうための処方せんのことです。
薬局では、患者さまに対して安心してお薬を服用していただけるように、各個人について薬歴簿(服用した全てのお薬の記録簿)を作成しており、複数の病院・医院からもらったお薬や市販のお薬との重複や飲み合わせによる副作用の防止等の安全性チェックを行っています。また、お薬についての十分な説明や服薬時の注意事項等についても指導しております。指導の際、患者さまのお手元に情報が残るよう「「お薬手帳」にもお薬情報の記載を行っています。
注)「院外処方せん」の有効期間は、通常の日から【4日間】です。旅行などで有効期間内に薬局へ行けないなどの事情がある場合は医師に伝えてください。

街の調剤薬局とは?

調剤をする「薬局」は、自由にお選びいただくことができます。かかりつけ調剤薬局は、以下のような条件を考慮してお選びください。


  • 「院外処方せん受付」「保険薬局」「保険調剤」などの表示がある
  • 気軽に行くことができる
  • 安心して相談できる
  • お住まいや駅に近く、通いやすい

「お薬手帳」を忘れずにご持参ください

調剤薬局はどこにあるの?

調剤薬局をお探しの場合は、東大和病院会計カウンター中央に、<院外薬局の一覧表>がありますので、参考になさってください。
次のリンク先では、インターネット上から院外薬局を検索できます。あわせてご利用ください。

東京都薬剤師会北多摩支部/薬局検索

お薬手帳について

 あなたに処方されたお薬の名前や、飲む量、回数、飲み方などを記録し、より安全に、そしてより効果的に使うための手帳です。
薬局では、お薬手帳をもとに
 ★今どんな薬を飲んでいるのか?
 ★どのくらい期間飲んでいるのか?
 ★副作用・アレルギーが過去にないか?
 ★入院中の経過および退院時処方
などの情報を確認しています。

何冊もお薬手帳を持っていませんか?

受診している全ての病院の情報が記録されていることが重要です。手帳は1冊にまとめましょう。

どこでもらえるの?

  1. 保険薬局で
    院外処方せんで調剤をする薬局ならどこでももらうことができます
  2. 病院で
    当院では、各科外来受付でもらうことができます

どうやって使うの?

まずは、「どこでも・すぐに」のコンセプトから常にバッグの中に持ち歩きましょう。
お薬手帳は、次のようなケースで役立ちます。

  1. 病院・歯科医院・薬局に行くとき
    いつものかかりつけの病院や、薬局においでのときお持ちください
  2. 入院するとき
    医師・薬剤師が、病院の外来や過程で飲んでいる薬をチェックします
  3. 薬局・薬店などで薬を買うとき
    薬剤師がお薬手帳の記録をチェックし、お薬のアドバイスをします。
  4. 急に具合が悪くなったとき、災害のとき
    不慮の事故や、災害時に医療機関を受診し、「いつも飲んでいるお薬はありますか?」「薬の名前は?」と聞かれた場合に役立ちます。
    服用しているお薬の内容がわかることで、処置を円滑に行うことが可能となります。

社会医療法人財団 大和会

東大和病院

〒207-0014 東京都東大和市南街1-13-12
TEL:042-562-1411(代表)

東大和病院附属セントラルクリニック

〒207-0014 東京都東大和市南街2-3-1
TEL:042-562-5511(代表)

  Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.
ページの先頭に戻る