周辺道路における道路工事に伴い、 交通規制が行われます。

麻酔科

 本院は、日本麻酔学会認定病院の指定を受けています。また、兼任の麻酔科標榜医を加えることにより麻酔管理料IIが算定可能な施設となっています。
麻酔科としての業務は、専任の麻酔科常勤医2名を中心に、杏林大学などからの非常勤麻酔科医で行っています。手術室や血管造影室ならびにCT室での麻酔・全身管理を中心に、術前診や術後診を担当しています。麻酔薬、鎮痛薬、筋弛緩薬などの薬剤を使用して、手術に伴う苦痛を除き、手術侵襲から身体を保護するとともに、安全に術者が手術しやすい状態を維持しています。

 年間の麻酔科管理症例は、約1593例(2017年度)です。 麻酔方法は、手術部位・術式と患者さまの状態に最も適した方法を用い、麻酔管理は適切な呼吸循環状態・安全を保ち、維持するため、それぞれに適したモニターを用いて行っています。

 さらに2018年2月よりペインクリニック外来を開設し、投薬だけではコントロールできない疼痛を有する患者さまに対して、神経ブロックなどの治療を行っています。

社会医療法人財団 大和会

東大和病院

〒207-0014 東京都東大和市南街1-13-12
TEL:042-562-1411(代表)

東大和病院附属セントラルクリニック

〒207-0014 東京都東大和市南街2-3-1
TEL:042-562-5511(代表)

  Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.
ページの先頭に戻る