周辺道路における道路工事に伴い、 交通規制が行われます。

セントラルクリニック 院長あいさつ

 東大和病院附属セントラルクリニックは、救急医療や高度医療を提供する東大和病院と連携し、幅広い外来診療を提供しております。また、健診センターは、人間ドック・健康診断を快適に受診できる施設を目指し、健診内容の充実に努めております。
 周辺医療機関を中心とした地域とのつながりを大切に、みなさまの健康のお役にたてるクリニックを目指してまいります。

東大和病院附属セントラルクリニックの特徴

東大和病院附属セントラルクリニック 概要

所在地 東京都東大和市南街2-3-1
開設日 2014年9月1日
院長 神楽岡 治彦
  標榜科目   循環器内科、消化器内科、乳腺外科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、心臓血管外科、脳神経外科、婦人科、放射線科、人間ドック、企業健診
敷地面積 1,129.43㎡
延床面積 2,258.72㎡

施設基準

[特掲診療料の施設基準] がん性疼痛緩和指導管理料
糖尿病透析予防指導管理料
ニコチン依存症管理料
HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
CT撮影及びMRI撮影
大腸CT撮影加算
遠隔画像診断
法令による指定 各種社会保険・国民健康保険・高齢者の医療の確保に関する法律・自動車損害賠償保障法・労働者災害補償保険法・地方公務員災害補償法・原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律・障害者自立支援法・特定疾患治療研究事業助成制度・生活保護法・身体障害者福祉法・結核予防法等

主な医療機器

東芝 320列マルチスライスCT Aquilion ONE / ViSION Edition


320列マルチスライスCTを導入しました。心臓や脳全体を1回転わずか0.275秒で撮影する高速スキャンが可能で、開口径78㎝のワイドボアによって装置の圧迫感を感じづらくなっています。また高画質を保ったまま被曝低減が可能となり、従来の装置より最大75%被曝量を少なくすることができます。

SIEMENS 3.0T(テスラ)MRI Skyra


3Tの高磁場MRIでこれまで以上の高画質、高速撮影が可能となっています。微細な脳血管の描出のみならず、肝臓や胆道、関節など全身の病変がこれまで以上に明瞭に検出できます。臓器の血流や脳の機能(functional MRI)を調べることも可能です。装置の奥行きも173cmと3T装置では最短で閉所が苦手な方に優しい装置です。

その他医療機器

  • 超音波検査装置
  • マンモグラフィ
  • 消化管内視鏡(上部)

社会医療法人財団 大和会

東大和病院

〒207-0014 東京都東大和市南街1-13-12
TEL:042-562-1411(代表)

東大和病院附属セントラルクリニック

〒207-0014 東京都東大和市南街2-3-1
TEL:042-562-5511(代表)

  Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.
ページの先頭に戻る